安全なイーサネットサービス運用に心がけたい!3つの要素

admin   2015年11月21日   安全なイーサネットサービス運用に心がけたい!3つの要素 はコメントを受け付けていません。

イーサネットを保護する門番!ファイアウォールの役割

オフィスや家庭でイーサネットのネットワークを構築するのであれば、セキュリティへの十分な配慮が求められます。外部のネットワークに接続するなら、ファイアウォールの構築が重要です。ファイアウォールは、外部とのネットワークの間に立ち、通信を監視することができるシステムです。外部からの侵入に対し、確かな防御力を持ちます。イーサネットの安全性を保つ上で、ファイアウォールは中心的な役割を持つ欠かせない存在でしょう。

ウイルス感染拡大を防止!アンチウイルスソフトの出番

イーサネットの運用で心配があるのが、ウイルスの感染拡大です。イーサネット内の一台のコンピューターがウイルス感染した場合、その影響がイーサネット内で他の接続コンピューターにも波及することが考えられますね。ウイルス感染のダメージをできるだけ最小限に食い止めるため、アンチウイルスソフトウェアの利用が重要なポイントです。コンピューターウイルスの存在を察知し、除去することができるアンチウイルスソフトは、安全面で頼もしい味方です。

ログをチェックして監視!早期にトラブルに対応

イーサネットを外部からの侵入やウイルス感染から守るためには、ネットワークの状態を把握しておくのが大切です。そこで、定期的にイーサネットに接続しているサーバーなどのログを確認しておくと、安全性が高められます。何らかの異常が発生した場合、サーバーのログに異変が見つかります。ログの内容をチェックしていれば、イーサネット上で何らかのトラブルが発生していたとしても、問題が拡大する前に早期に対策が立てられます。

イーサネットはLAN規格の一種で、光ファイバーなどの通信進路や伝送速度によって更に細かい規格に分類されています。